• 検査できる病院を探す
  • お問い合わせ
  • サイト内検索
メニューを開く

認知症って予防できるの?

主な4つの予防方法

軽度認知障害(MCI)とは?

MCI(軽度認知障害)とは、認知症を発症する前の段階を指します。
認知症の中でも最も多いアルツハイマー型認知症(アルツハイマー病)は、主な原因物質であるアミロイドベータペプチドが脳内に溜まり始めることで神経細胞が壊され、その後認知機能が低下する疾患です。
MCIの段階では日常生活に支障はありませんが、そのまま放置すると約4年でおよそ40%の方が認知症に進行すると言われています。

早期発見で、認知症を防ぐ。

認知症予備軍とも言われているMCIですが、最近の研究ではMCIの段階で適切な予防や治療を行えば、認知症の発症を防いだり、症状の進行を遅らせたりすることができることが分かってきています。
アルツハイマー病の主な原因物質であるアミロイドベータペプチドが少しずつ脳内に蓄積し、神経細胞を壊し始めるのは、認知症の発症から約20年さかのぼる前からだと言われています。アルツハイマー病を発症するのは70~80代が多いため、アミロイドベータペプチドが脳内に蓄積し始めるのは50~60代と考えられます。しかしその年齢ではまだは物忘れもほとんどないか、あっても年のせいといわれる程度のもので、アルツハイマー病の無症候期と呼ばれます。(無症候期:脳に病変はあるが全く症状がないか、年齢相応程度の物忘れがある時期)やがて物忘れが激しくなり、MCIの段階になります。さらに進行するとアルツハイマー病による認知症の症状が出てきます。

認知症発症までの経緯

認知症を発症すると、医師による診断を元に投薬やリハビリなどの治療が始まります。 現在、認知症の症状を若干改善し進行を一定期間遅らせる薬はありますが、進行を止め、病気を根本的に治す薬はありません。そのため、認知症になる前のMCI(軽度認知障害)の段階で早くその兆候を発見し、そこから発症しないための生活習慣の改善や早期治療を徹底していくことが大切です。

認知症リスクチェック(MCIスクリーニング検査)は、アルツハイマー病の前段階であるMCIであるかどうかのリスクがわかる血液検査です。自分らしく人生を楽しむために、早期に認知症のリスクを発見し、予防しましょう。

STOP!認知症トップへ

関東